イワコー探検隊!

ゲーム感覚でめきめき“生きる力”をつける|小学校受験指導「AYAアカデミー」の消しゴム活用事例

イワコーの消しゴムはさまざまなところで目にします。大手小売店はもちろん、街の文房具屋さんや一般企業さんからの相談も。そういった形でのお取り引きも多い一方で、「小規模・小単価で手軽に楽しく始められる販促品」としても、全国の学習塾でご活用いただいています。そんな中で、小学校受験専門の塾「AYAアカデミー」さんがイワコーのおもしろ消しゴムを活用してくださっているという情報を入手し、埼玉県川口市にやってきました。イワコーの消しゴムをどう使っていらっしゃるのかはもちろん興味がありますが、「小学校受験」の世界そのものにも興味アリ!楽しみです。

「AYAアカデミー」と小学校受験指導とは?

イワコー:オモチャや図鑑があったりお子さんが作った工作が飾ってあったり、とってもかわいいお教室ですね。あっ、これは折り紙ですよね?

田村さま:折り紙も受験対策の一環なんです。説明の図の通りに折り紙を折ってもらうんです。
イワコー:大人でも、人によってはちょっと難しいかも。実は私、苦手な方です。
田村さま:同じ図形でも、見る角度などによって形や大きさが異なったように感じますよね。こういった折り紙や図形パズルなどは、そういった「空間を正確に捉える力」や「指をうまく使う訓練」になるんですよ。
イワコー:いわゆる「お受験」というと、小学校に上がる前から算数国語がしっかり出来て……という勝手なイメージがあるのですが、こういうことが試されるんですね。
田村さま:足し算引き算や国語などは、当然できないよりはできた方がいいと思うのですが、そういった”勉強”の手前にある、生きていく上での基礎にあたる部分を「AYAアカデミー」では大事にしています。
これは当校だけの方針ではなくて、実際にお子さんが受験される小学校の入試問題でも、そういった問題が多く出題されるんですよ。
イワコー:そういった学校別の対策もきちんとされているので、お子さん自身の基礎の力と、学校への合格とが両立できるんですね。この壁一面の合格者リストにも納得です。

田村さま:私ひとりで始めた塾ですが、これが毎年増えていくのが嬉しいんですよ。
イワコー:確かに年が増えるごとにお名前も増えてますね。複数の学校に合格されたお子さんもいらして凄いです。ところで、「AYAアカデミー」は何年めになるのでしょうか。
田村さま:私自身は進学塾などを合わせると25年以上のキャリアがあるのですが、「AYAアカデミー」はちょうど10年めに突入しました。
イワコー:それはおめでとうございます!では、この壁の合格者リストはそのまま「AYAアカデミー」さんの歴史でもあるんですね。ちなみに、当社、イワコーとのおつきあいはどのくらいなのでしょうか。
田村さま:こちらも同じく10年近くのおつきあいになります。
イワコー:それはありがとうございます!長年のおつきあいのある「AYAアカデミー」さんが年々たくさんの合格者を出しているということがこうして分かると、私もなんだか嬉しいです。
田村さま:こちらこそありがとうございます。
イワコー:ホワイトボードの横に「消しゴムBOX」と「コロ消し」(※現在の最新は「ポン消し」)がありますよね。これはどのように使っているんでしょうか。
田村さま:このあと授業があるので、実際にご覧になりますか?
イワコー:ぜひよろしくおねがいします!

イワコー、園児と一緒に授業を受ける

その数十分後、元気の良い挨拶と同時に、お子さんたちがお教室に入って来ました。大小さまざまな三角形や四角形のカードと、見本を見比べて指定された形を時間の中で作る「空間把握能力を試される」問題や、田村先生の読んだお話を聞いて、位置やモノの色や名前を正確に答える「聞く力を試される」問題、絵が並んだカードを見てしりとりをつなげていく「語彙力を試される」問題や「論理的思考を試される」問題、そしてお子さん同士でルールを決めたゲームをする「協調性を試される」問題など、自分が幼稚園だった頃を考えると、お子さんたちの利発さには驚きました。

色々な問題に対して先生はテンポよく時間通りに、そして正確に回答することを求めます。一見厳しいように思えますが……。

 

お子さん:できましたっ!
田村さま:very good!シールget!

イワコー:(ここは消しゴムじゃないんだ)
お子さん:シール10個集めました!
田村さま:1,2,3,4…. OK、じゃあ消しゴムね!

イワコー:(な、なるほどぉ〜!!!ここでおもしろ消しゴムなのかぁ!)

小さなゴールの上に中くらいのゴールを。おもしろ消しゴムで楽しく学ぶ

そして授業後…

イワコー:ありがとうございました。私も色々と勉強になりました。
田村さま:良かったです。
イワコー:冒頭でうかがった折り紙(図形)のお話でもそうですが、大人でも「言われた通りのことをきちんとこなす」ということが出来ない時がありますよね。私たち大人でも、聞いたつもり・読んだつもりになってしまって変にアレンジして失敗することはあると思うので、先生が「基本的な力」とおっしゃる意味、よく分かりました。
田村さま:そうですね。あとは、ゲームをやった所をお見せしましたけれど、ああいった「協調性」や「自分の考えを相手にわかりやすく伝える力」は、一般の社会はもちろん、小学校受験の場でも非常に求められます。勉強のできる学校ほど、コミュニケーションは重視する傾向にあるんですよ。
イワコー:なるほど。一見簡単なようですが、訓練をしていないお子さんにとっては難しいかもしれませんね。間違えたり、出来ないとピシャッと言われる先生にはこちらの背筋が伸びる思いでした。そんな授業でも、ゲームのレベルアップをするような感覚でイワコーのおもしろ消しゴムを活用されていて、とても楽しい雰囲気だったのが印象的です。
田村さま:私もお子さんもイワコーさんのおもしろ消しゴムは大好きなんです。今日ご覧いただいてお分かりのように、1度の授業の中で、「図形」や「しりとり」などの小テストをいろんなジャンルで行います。そのテストで正解すると、好きなシールを1枚あげて、シールブックに貼ってもらいます。そのシールが貯まると、おもしろ消しゴムを自由に選べるというシステムをずっと続けています。

イワコー:一番早く回答してシールを速攻でもらおう!というお子さんの「やる気」良かったです!小さいテストがたくさんあるので、毎回おもしろ消しゴムをあげるのも現実的ではないですし、小さなご褒美の繰り返しの結果、もうちょっと良い「おもしろ消しゴム」がもらえるというのはとても良いシステムですね。
田村さま:勉強は日々の積み重ねです。何よりもお子さんのやる気が大切ですから、ゲームや遊びを随所に取り入れて楽しく勉強できるような仕組みづくりを心がけています。

イワコー:回答時間に制限を設けているのも、一見厳しいようですが、おっしゃるようにゲームのようで、お友達と楽しく競う様子は見ていても楽しさが伝わって来ました。楽しく勉強できるのが何よりですよね。そういった“ゲーム感覚”の重要なアイテムとして、イワコーのおもしろ消しゴムを使ってくださっているのはとても嬉しいです。本日はどうもありがとうございました。最後に、お土産で消しゴムをたくさん持って来ましたので、よかったらお子さんたちと選んでください!
田村さま:ありがとうございます!

まとめ

「おもしろ消しゴムプレゼント」……とひとことで言っても、その使い方や目的は本当にさまざまなんだということがよくわかりました。「AYAアカデミー」さんでは、楽しく体験して勉強するという考えの元で、イワコーのおもしろ消しゴムを大変効果的に使ってくださっていて、私たちも大変参考になりました。お子さんたちも、イワコーのおもしろ消しゴムがとてもお好きなようで、「この前○○で買ったよ!」と言ってくれて嬉しかったです。これから小学校にあがっても、筆箱に入れておいてね!
そして田村先生、お忙しいところ大変ありがとうございました。小学校受験のイメージがガラッと変わりました。きちんと自立して生活していくために欠かせない能力を伸ばす教育を実践していらっしゃる「AYAアカデミー」さんのますますの発展をお祈りしております!

「AYAアカデミー」さん情報

埼玉県川口市戸塚2-22-27 サンパティーク303号室
東川口駅南口 1分
お問い合わせ:090-7185-0345
[Facebook]
[ブログ:智を開く]

取材先大募集!

イワコーでは今、おもしろ消しゴムを活用してお店やビジネスを盛り上げている皆さんとドンドンお会いしたいなと考えています。
ブログ記事としてまとめさせていただきますので、我こそは!と思われる方はぜひad@iwako.comあてにご連絡ください!

※本掲載内容は2017年5月現在のものです。

関連記事

取材先募集中!

おもしろ消しゴムを販促に活用されている皆さまを募集しています。ad@iwako.comまでご連絡をおまちしております。

新商品のお知らせ

  1. いつも当社をご愛顧くださりありがとうございます。4月の新商品のお知らせです。
  2. いつも当社をご愛顧くださりありがとうございます。
  3. いつも当社をご愛顧くださりありがとうございます。
  4. いつも当社をご愛顧くださりありがとうございます。
  5. いつも当社をご愛顧くださりありがとうございます。
ページ上部へ戻る